住宅ローン審査に通らない!それでも厳しい基準を満たす方法は?
 

必要な諸費用

住宅を購入する際に必要となる頭金や諸費用はどの程度考えておけばいいでしょうか。

住宅ローン審査にパスすることも必要ですが、住宅購入に伴う様々な出費をあらかじめ用意しておくこともとても大切です。よく頭金なしでマンション購入、とか住宅購入金額100%まで融資可能などといった広告を見ることがありますが、はっきり言って危険です。手持ちの預金にある程度余裕がない場合にすべてを住宅ローンでまかなおうとすることは、食べ物を持たずに旅立つようなものです。いつどこで事故が発生して医療費用が必要になったり、生活費が足りなくなったり、また不況のためにリストラされて職を失ったり、そうでなくともボーナスなし、給与の引き下げなどといったトラブルが起きるか分かりません。

まず住宅を購入する際には最低でも2割、できれば3割は頭金を用意しておきましょう。頭金のありなしは住宅ローン審査の際にも大きく審査結果を左右します。またマンションなどの購入の際には多くの諸経費が必要となります。主な軽費としては、仲介手数料、印紙代、表示登記、所有権保存登記、管理費、修繕積立金、火災保険、保証料、事務手数料などがあげられますが、これらを合計すると70〜100万円以上にもなるケースがほとんどです。

なお、こうした出費を少しでも取り返すために、住宅ローン審査が通って晴れて入居となった場合にも、住宅購入に伴う住宅ローン減税の手続きは必ず行いましょう。住宅ローン減税の申し込みについては、住宅の面積やなどを始めとする細かな規定があります。事前に専門家に相談しておくといいでしょう。

 
基礎知識
住宅ローンとは?
必要な諸費用
返済計画と繰り上げ

審査のポイント
年収と返済比率の目安
頭金と担保掛目の目安
職業・勤務先と勤続年数
年齢制限と健康診断
消費者金融(キャッシング)の履歴
建築物の合法性

通りにくいケース
自営業者・派遣社員・パート
永住権なしの外国人

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県