住宅ローン審査に通らない!それでも厳しい基準を満たす方法は?
 

年収と返済比率の目安

住宅ローン審査において最も重視されるのは年収です。最低でも300万円できれば500万円以上は欲しいところです。住宅金融支援機構の住宅ローンではおおむね400万円以上の年収の人が対象となっています。

実は年収も大切ですが住宅ローン審査においては返済比率も同等に重視されます。返済比率とは年収に占めるローン返済額の割合のことで、住宅ローン以外に教育ローンやマイカーローンにも加入している場合にはその分も合算して算出されます。

返済比率は、
(住宅ローンの年間返済額+その他のローン返済額)÷年収
で求められます。

通常の銀行などの金融機関における住宅ローン審査ではこの数値が35%以内であれば審査はまず通過します。返済比率は実際に住宅ローンを利用した場合に金利が上昇しても返済を安定して行えるかの大きな目安となります。変動金利などの住宅ローン審査ではさらに3〜4%程度の審査金利が加味されて住宅ローン審査を行います。

また年収や返済比率程ではないものの頭金が少ない、いわゆる自己資金ゼロの場合には住宅ローン審査が若干通りにくくなります。通常では2〜3割は頭金を用意しておくというのが一般的です。

なお住宅ローン審査では審査に落ちた場合でも落ちた理由は開示してくれません。専門家に相談することで審査に落ちた理由はおおよその推定は可能ですがはっきりと理由を指摘されることは期待できません。また住宅ローン審査の項目がいくつか標準に達していない場合でも総合評価がよければ審査に通過できる場合もあります。

 
基礎知識
住宅ローンとは?
必要な諸費用
返済計画と繰り上げ

審査のポイント
年収と返済比率の目安
頭金と担保掛目の目安
職業・勤務先と勤続年数
年齢制限と健康診断
消費者金融(キャッシング)の履歴
建築物の合法性

通りにくいケース
自営業者・派遣社員・パート
永住権なしの外国人

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県